トップページ > 各種診療のご案内 > エピペン携帯のおすすめ

エピペン携帯のおすすめ

アナフィラキシーって何?

食物摂取や虫さされ、植物との接触が原因となり痒み、炎症、じんましんが引き起こされる事はよく知られています。
しかし、頻度は少ないものの急激に過敏反応を起こし生命が危機に晒されることがあります。

この状態はアナフィラキシ−ショックと呼ばれ、からだの自己防衛反応が働きすぎるために起こります。

アナフィラキシーショックの原因は

体内に入り、アナフィラキシーを引き起こす原因になる物質をアレルゲンといいます。動植物由来のタンパク質を中心とした様々なものがアレルゲンになる可能性があり、病院の検査で、自分がどの物質に過敏なのかをある程度まで調べることができます。
アナフィラキシーに対する最大の対処法は、アレルゲンを除去回避することです。特に気を付けていただきたいアレルゲンは次のとおりです。

出現する症状は?

アナフィラキシーの典型的な症状は、呼吸困難、血圧低下、めまい、ショック、意識障害等で、ハチ毒やある特定の食物、薬物等のアレルゲン(原因物質)が体内に入ってから数分〜数十分以内に発現します。多くの場合、はじめにじんましん等の皮膚症状がみられます。

などです。

応急処置としての自己注射

去に激しいアレルギ−発作を経験した方には携帯用の自己注射器を携帯されることをお勧めいたします。
製品名:エピペン(アナフィラキシー補助治療薬)- 2種類あります。

御本人の体重により使い分けします。

薬効

注射成分(アドレナリン)の交感神経刺激作用により気道を拡張し呼吸困難に対応、さらに心臓の拍出機能を亢進させ低血圧に対処します。

使用方法

アナフィラキシ−ショック時に本体後方のキャップをはずし、針側を大腿に当て注射します。
注射後は医療機関に受診してください
新しいウィンドウで開きます使い方マニュアル(PDF/2.8MB)

入手方法

【初診時】

初診時に過去の病歴をうかがいます。---問診

エピペンの使用方法を説明致します。
(使い方・注意点のDVDをお渡しします。)

説明を了解された事を確認の上、体重に合わせた製品をオーダー致します。

【再診時】

エピペンをお渡し致します。(本体と練習用)

ご注意

エピペンには有効期限があります。
有効期限切れの際には、医療機関に返却下さい。
(医療廃棄物として処理します。)

料金

\26,000円